コンピュータクワガタ

かっぱのかっぱによるコンピュータ関連のサイトです

Spring MVC 4.0 No. 010 任意のクラスで受け取る

今回は、リクエストパラメータを任意のオブジェクトで受け取ります。

最初にデータを受け取るクラスを作成します。フィールド名は受け取るパラメータ名と同じにしておきます。

package com.example.spring.controller;

public class Customer {
    private String name;
    private String age;

    // setter、getterは省略
}

コントローラは、@ModelAttributeアノテーションを付けたクラスに、自動的に同名のフィールドにマッピングされます。また、@PathVariableアノテーションと同様に@ModelAttributeアノテーションを付けたインスタンスは、自動的にリクエストスコープに設定されます。@PathVariableと違うのは、オブジェクトそのものがリクエストスコープに設定される点です。

@RequestMapping("/modelForm")
public String modelForm() {
    return "req/modelForm";
}

@RequestMapping(value = "/modelRecv", method = RequestMethod.POST)
public String modelRecv(@ModelAttribute Customer customer) {
    return "req/modelRecv";
}

データを送信する、modelForm.jspです。

<%@page contentType="text/html; charset=utf-8" %><%--
--%><!DOCTYPE html>
<html>
 <head>
  <meta charset="utf-8">
  <title>サンプル</title>
 </head>
 <body>
  <form action="modelRecv" method="post">
   名前: <input type="text" name="name" size="20"><br>
   年齢: <input type="text" name="age" size="20"><br>
   <input type="submit" value="送信">
  </form>
 </body>
</html>

データを受信する、modelRecv.jspです。

<%@page contentType="text/html; charset=utf-8" %><%--
--%><!DOCTYPE html>
<html>
 <head>
  <meta charset="utf-8">
  <title>サンプル</title>
 </head>
 <body>
nameの値は <c:out value="${name}" /><br>
ageの値は <c:out value="${age}" /><br>
customer.nameの値は <c:out value="${customer.name}" /><br>
customer.ageの値は <c:out value="${customer.age}" /><br>
 </body>
</html>


ソースは https://github.com/kuwalab/spring-mvc40 にあります。タグ010が今回のサンプルです。

まとめ http://kuwalab.hatenablog.jp/entry/spring
最初 http://kuwalab.hatenablog.jp/entry/spring_mvc/001
前回 http://kuwalab.hatenablog.jp/entry/spring_mvc/009
次回 http://kuwalab.hatenablog.jp/entry/spring_mvc/011

広告