読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コンピュータクワガタ

かっぱのかっぱによるコンピュータ関連のサイトです

Spring JDBCの紹介 No. 4

Spring JDBCの4回目です。

今回で最後です。

今までSELECT文では複数行を取得してきましたが、今回は1行もしくは1つのデータを取得する例を見ていきます。

キーで取得

主キーでデータを取得する場合などには、多くても1行のデータのみを取得する場合は多くあります。

public Book selectByKey(int bookId) {
    return npJdbcTemplate.queryForObject(
            "SELECT * FROM book WHERE book_id=:book_id",
            new MapSqlParameterSource().addValue("book_id", bookId),
            new BeanPropertyRowMapper<Book>(Book.class));
}

一つのデータのみ取得

public Integer count(String bookName) {
    return npJdbcTemplate.queryForObject(
            "SELECT count(*) FROM book WHERE book_name LIKE :book_name",
            new MapSqlParameterSource().addValue("book_name", bookName
                    + "%"), Integer.class);
}


Spring3入門 ――Javaフレームワーク・より良い設計とアーキテクチャ

Spring3入門 ――Javaフレームワーク・より良い設計とアーキテクチャ

まとめ http://kuwalab.hatenablog.jp/entry/spring
最初 http://kuwalab.hatenablog.jp/entry/spring_jdbc/1
前回 http://kuwalab.hatenablog.jp/entry/spring_jdbc/3
次回 おわり

広告