読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コンピュータクワガタ

かっぱのかっぱによるコンピュータ関連のサイトです

Groovy+POIでExcel方眼紙にお絵かきしてみた

またくだらないものを作ってしまった。
POIで何かを作ろうとしてこんなことしか浮かばなかったよ。
画像を読み込んで、超細かいExcel方眼紙にドットを打って行く。
1つのセルを1つのピクセルとしてお絵かき。
こんな感じにできます。

コードは以下。ファイル名とかはリテラルで埋め込んでます。

import org.apache.poi.xssf.usermodel.XSSFWorkbook
import org.apache.poi.ss.usermodel.IndexedColors
import org.apache.poi.ss.usermodel.Row
import org.apache.poi.ss.usermodel.Sheet
import org.apache.poi.ss.usermodel.Workbook
import org.apache.poi.ss.usermodel.CellStyle
import org.apache.poi.ss.usermodel.Cell
import java.awt.image.BufferedImage
import javax.imageio.ImageIO
import com.sun.media.jai.codec.PNGEncodeParam.Palette
import org.apache.poi.xssf.usermodel.XSSFColor
import java.awt.Color

// XSSFは2007以降の形式(xlsx)。2003以前の形式(xls)はHSSF
Workbook workbook = new XSSFWorkbook()
Sheet sheet = workbook.createSheet()
workbook.setSheetName(0, "方眼紙")
sheet.setDisplayGridlines(false)

BufferedImage image = ImageIO.read(new File("input/kappa100.jpg"));
def maxX = Math.min(100, image.getWidth())
def maxY = Math.min(100, image.getHeight())

// 無駄に見えてもセルの初期化をきちんとしてあげないといけない。
(0..<maxY).each {
    Row row = sheet.createRow(it);
    row.setHeightInPoints(2.5)
    (0..<maxX).each {
        row.createCell(it)
    }
}
(0..<maxX).each {
    sheet.setColumnWidth(it, 100)
}

println "作成開始"
for (int y: 0..<maxY) {
    Row row = sheet.getRow(y)
    for (int x: 0..<maxX) {
        int argb = image.getRGB(x, y)
        def rgb = [
            (argb >> 16) & 0xff, //red
            (argb >>  8) & 0xff, //green
            (argb      ) & 0xff  //blue
        ]

        CellStyle style = workbook.createCellStyle()
        style.setFillPattern(CellStyle.SOLID_FOREGROUND)
        style.setFillForegroundColor(new XSSFColor(new Color(rgb[0], rgb[1], rgb[2])))
        Cell cell = row.getCell(x)
        cell.setCellStyle(style)
    }
    println "${y + 1} / ${maxY}"
}

new File("output/image.xlsx").withOutputStream{workbook.write(it)}

原因はよくわからないけど、後半ほど処理が遅くなるので100×100くらいが限界のサイズです。

広告