読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コンピュータクワガタ

かっぱのかっぱによるコンピュータ関連のサイトです

Androidアプリ入門 No.53 明示的IntentによるオリジナルActivityの呼び出し

明示的IntentによるオリジナルActivityの呼び出し

先の例は、組み込みブラウザの呼び出しであったが、次はオリジナルのActivityを呼び出す。まずは、main.xml

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<LinearLayout xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    android:orientation="vertical" android:layout_width="fill_parent"
    android:layout_height="fill_parent">
    <Button
        android:id="@+id/subButton"
        android:layout_width="wrap_content"
        android:layout_height="wrap_content"
        android:text="サブアクティビティーを呼び出す" />
</LinearLayout>

次に、MainActivity.javaを示す。MainActivityではsubButtonを押された際に、IntentとしてSubActivityを指定している。こうすることで任意のActivityを呼び出すことができる。

package sample.it;

import android.app.Activity;
import android.content.Intent;
import android.os.Bundle;
import android.view.View;
import android.view.View.OnClickListener;
import android.widget.Button;

public class MainActivity extends Activity {
    private Button subButton;

    @Override
    public void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
        super.onCreate(savedInstanceState);
        setContentView(R.layout.main);

        subButton = (Button) findViewById(R.id.subButton);

        subButton.setOnClickListener(ocl);
    }

    OnClickListener ocl = new OnClickListener() {
        @Override
        public void onClick(View v) {
            Intent intent = new Intent();
            intent.setClass(getApplicationContext(), SubActivity.class);
            startActivity(intent);
        }
    };
}

次に、呼び出されるActivityのレイアウトファイルをlayout/sub.xmlに作成する。

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<LinearLayout xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    android:orientation="vertical" android:layout_width="fill_parent"
    android:layout_height="fill_parent">
    <TextView
        android:layout_width="wrap_content"
        android:layout_height="wrap_content"
        android:text="サブアクティビティー" />
</LinearLayout>

さらに、このレイアウトファイルを使用するSubActivity.javaを以下のように作成する。

package sample.it;

import android.app.Activity;
import android.os.Bundle;

public class SubActivity extends Activity {
    @Override
    public void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
        super.onCreate(savedInstanceState);
        setContentView(R.layout.sub);
    }
}

Activityを呼び出す場合には、必ずmanifestファイルに記述しておく必要がある。具体的には、AndroidManifest.xmlファイルを以下のように記述する。

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<manifest xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
      package="sample.it"
      android:versionCode="1"
      android:versionName="1.0">
    <application android:icon="@drawable/icon" android:label="@string/app_name">
        <activity android:name=".MainActivity"
                  android:label="@string/app_name">
            <intent-filter>
                <action android:name="android.intent.action.MAIN" />
                <category android:name="android.intent.category.LAUNCHER" />
            </intent-filter>
        </activity>
        <activity android:name=".SubActivity"
                  android:label="サブ" />
    </application>
    <uses-sdk android:minSdkVersion="4" />
</manifest>

実行結果は以下。

ボタンを押すと、以下のようにSubActivityが表示される。SubActivityを表示した後はAndroid端末の「戻る」ボタンをおすことで、元の画面に戻ることができる。Androidでは標準のボタンの操作で元のActivityに戻るという処理を自動で行なっている。このあたりを組み込まずに実行されるあたりがAndroidアプリの特徴でもある。

広告