読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コンピュータクワガタ

かっぱのかっぱによるコンピュータ関連のサイトです

Androidアプリ入門 No.08 TextViewのActivityからの操作

TextView

Activityからの操作

Javaからの操作は以下のように行う。まず、main.xmlを以下のように設定する。

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<LinearLayout xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    android:orientation="vertical"
    android:layout_width="fill_parent"
    android:layout_height="fill_parent"
    android:background="#ffffff"
    >
<TextView
    android:id="@+id/normalText"
    android:layout_width="fill_parent"
    android:layout_height="fill_parent"
    android:textColor="#000"
    android:textSize="28sp"
    android:text="ABCabc123-normal"
    android:textStyle="normal"
    />
</LinearLayout>

単純に実行すると以下のようになる。

次に、MainActivity.javaを以下のように記述する。

package sample.at;

import android.app.Activity;
import android.graphics.Color;
import android.os.Bundle;
import android.widget.TextView;

public class MainActivity extends Activity {
    @Override
    public void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
        super.onCreate(savedInstanceState);
        setContentView(R.layout.main);

        // @+id/で指定したidでコンポーネントを取得
        // R.id.取得するコンポーネントのidで取得できる。
        // 補完がきくので間違えない。
        TextView textView = (TextView) findViewById(R.id.normalText);
        textView.setText("Java側で属性を好きなように設定することができます。");
        textView.setBackgroundColor(Color.argb(255, 255, 255, 0));
        textView.setTextColor(Color.parseColor("#ffff0000"));
        textView.setTextScaleX(2.5f);
    }
}

実行結果は以下のようになる。

main.xmlの指定よりJavaからの指定が優先される。色の指定について補足する。色は、Colorクラスを用いて指定する。Colorクラスでは主に以下のstaticメソッドで色を指定する。

メソッド 説明
argb(int alpha, int red, int green, int blue) alpha(透明度)、red(赤)、green(緑)、blue(青)で色を指定する。それぞれ0〜255を指定する。alphaは0が透明、255が不透明となる。
parseColor(String colorString) colorStringは#aarrggbbで指定する。aaはalpha、rrはred、ggはgreen、bbはblueで16進数で指定する。たとえば、#ffff0000と指定する。
広告