コンピュータクワガタ

かっぱのかっぱによるコンピュータ関連のサイトです

ext3について調べた。

Oracleで、ext3のdataオプションがちょっと関連するらしいので調べてみた。
そこで、ジャーナリングモードの変更について調べてみた。

以下の2サイトが詳しい。

http://www.atmarkit.co.jp/flinux/rensai/fs04/fs04b.html

ext3のモードはデフォルトで、orderdモード。
その他、journal、orderd、writebackモードがある。
journalが一番信頼性が高く、一番遅い。逆にwritebackは速いが信頼性が低い。orderdは中間。

変更は、/etc/fstabを編集する。

 /dev/hdXX  /opt    defaults, data=journal  0 0

どうせやるなら、noatimeをつけておく。最終アクセス時刻は普通は不要なのでつけておくといい。

 /dev/hdXX  /opt    defaults,noatime,data=journal  0 0

mountするときにdataオプションで指定してもいい。

また、ジャーナリングモードをrootファイルシステムに適用する方法が記載されている。
http://linux.mini13i.gotdns.org/?filesystem%2Fext3

広告