コンピュータクワガタ

かっぱのかっぱによるコンピュータ関連のサイトです

includeの検証

SAStruts 1.0.2で検証。

指定されているのにs2filterに制御が来ないなら、リクエストは
取得できないので、jsp:includeを使った場合に、
s:formのaction属性の自動計算やf:url()は使えないことになります。

jsp:includeとs:formもしくはf:url()併用で例外

ということで試しましたが、include元ではs:formやf:url()は確かに使えませんでした。
で、直接ごりごり書いた場合にどこまでできるのかを確認。
include元のテストで以下のソースを書きました。問題なく動くようです。

<%@page pageEncoding="UTF-8"%>

<p>テスト</p>
<p>${hogeDto.hogeName}</p>
<p>${pageContext.request.contextPath}</p>

hogeDtoは、sessionScopeにおいてあるDtoです。
共通のスタイルの読み込みとか、共通のjsファイルの読み込みとかに使う分には問題なく使えそうです。

広告