読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コンピュータクワガタ

かっぱのかっぱによるコンピュータ関連のサイトです

Spring MVC 4.1 No. 041 form:optionタグ

Java Spring

form:optionタグは、HTMLの<option>タグを生成します。このタグは、form:selectタグの中に書く必要があります。

その要素の内、単純にHTMLの属性に置き換えられるものは、以下の属性です。cssClassやcssStyleはそれぞれclass、style属性に置き換えられます。

属性 説明
cssClass HTML標準のclass属性
cssStyle HTML標準のsytle属性
dir HTML標準のdir属性
disabled HTML標準のdisabled属性
id HTML標準のid属性
lang HTML標準のlang属性
tabindex HTML標準のtabindex
title HTML標準のtitle属性
value HTML標準のvalue属性

その他、JavaScriptのDOMレベル0イベントとして以下の属性が用意されています。それぞれ同名の属性になります。

属性
onblur
onchange
onclick
ondblclick
onfocus
onkeydown
onkeypress
onkeyup
onmousedown
onmousemove
onmouseout
onmouseover
onmouseup

残りがSpring用の属性になります。

属性 説明
cssErrorClass Validationのエラー時のclass属性
htmlEscape HTMLのエスケープをするかどうか。デフォルトはtrue
label HTMLのlabel要素を作成し、チェックボックスと関連付ける

コントローラで使用するモデルです。

package com.example.spring.controller.c041;

public class C041Model {
    private String selectedIsbn;

    public String getSelectedIsbn() {
        return selectedIsbn;
    }

    public void setSelectedIsbn(String selectedIsbn) {
        this.selectedIsbn = selectedIsbn;
    }
}

サンプルのコントローラです。

package com.example.spring.controller.c041;

import org.springframework.stereotype.Controller;
import org.springframework.ui.Model;
import org.springframework.web.bind.annotation.RequestMapping;

@Controller
@RequestMapping("/c041")
public class C041Controller {
    @RequestMapping("/option")
    public String option(Model model) {
        C041Model c041Model = new C041Model();
        c041Model.setSelectedIsbn("");
        model.addAttribute("c041Model", c041Model);
        return "c041/option";
    }
}

コントローラではformで利用する値をModelに格納しています。

カスタムタグを使用しているJSPです。

<%@page contentType="text/html; charset=utf-8" %><%--
--%><!DOCTYPE html>
<html>
 <head>
  <meta charset="utf-8">
  <title>サンプル</title>
 </head>
 <body>
  <form:select path="c041Model.selectedIsbn">
   <form:option value="123" label="よく分かるSpring"/>
   <form:option value="456" label="よく分かるJava"/>
   <form:option value="789" label="よく分かるSpring MVC"/>
  </form:select>
 </body>
</html>

実際に動作させ、出力されるHTMLは以下のようになります(見やすくするために改行を入れています)。

<!DOCTYPE html>
<html>
 <head>
  <meta charset="utf-8">
  <title>サンプル</title>
 </head>
 <body>
  <select id="selectedIsbn" name="selectedIsbn">
   <option value="123">よく分かるSpring</option>
   <option value="456">よく分かるJava</option>
   <option value="789">よく分かるSpring MVC</option>
  </select>
 </body>
</html>

ソースは https://github.com/kuwalab/spring-mvc41 にあります。タグ041が今回のサンプルです。

まとめ http://kuwalab.hatenablog.jp/entry/spring
最初 http://kuwalab.hatenablog.jp/entry/spring_mvc41/001
前回 http://kuwalab.hatenablog.jp/entry/spring_mvc41/040
次回 http://kuwalab.hatenablog.jp/entry/spring_mvc41/042

Spring MVC 4.1 No. 040 form:selectタグ

Java Spring

form:selectタグは、HTMLの<select>タグとその子要素のoptionタグを生成します。

その要素の内、単純にHTMLの属性に置き換えられるものは、以下の属性です。cssClassやcssStyleはそれぞれclass、style属性に置き換えられます。

属性 説明
accesskey HTML標準のaccesskey属性
cssClass HTML標準のclass属性
cssStyle HTML標準のsytle属性
dir HTML標準のdir属性
disabled HTML標準のdisabled属性
id HTML標準のid属性
lang HTML標準のlang属性
multiple HTML標準のmultiple要素。trueかfalseを指定する
size HTML標準のsize属性
tabindex HTML標準のtabindex
title HTML標準のtitle属性

その他、JavaScriptのDOMレベル0イベントとして以下の属性が用意されています。それぞれ同名の属性になります。

属性
onblur
onchange
onclick
ondblclick
onfocus
onkeydown
onkeypress
onkeyup
onmousedown
onmousemove
onmouseout
onmouseover
onmouseup

残りがSpring用の属性になります。

属性 説明
cssErrorClass Validationのエラー時のclass属性
delimiter チェックボックスの間の区切り文字。デフォルトはなし
element それぞれのradioボタンを囲む要素。デフォルトはspan
htmlEscape HTMLのエスケープをするかどうか。デフォルトはtrue
itemLabel labelを出力するitemsで指定したクラスのプロパティ名
items radioボタンを作るための配列やMap
itemValue valueを出力するitemsで指定したクラスのプロパティ名
path 関連付けるModelの名前

実際の例を見ていきます。まずは選択されたの要素の初期値を設定するモデルです。

package com.example.spring.controller.c040;

public class C040Form {
    private String selectedIsbn;

    // setter、getterは省略
}

書籍データを格納するモデルです。このクラスの一つのインスタンスが1つのoption要素に相当します。

package com.example.spring.controller.c040;

public class C040Model {
    private String isbn;
    private String name;

    public C040Model(String isbn, String name) {
        this.isbn = isbn;
        this.name = name;
    }

    // setter、getterは省略
}

サンプルのコントローラです。

package com.example.spring.controller.c040;

import java.util.ArrayList;
import java.util.List;

import org.springframework.stereotype.Controller;
import org.springframework.ui.Model;
import org.springframework.web.bind.annotation.RequestMapping;

@Controller
@RequestMapping("/c040")
public class C040Controller {
    @RequestMapping("/select")
    public String select(Model model) {
        List<C040Model> c040ModelList = new ArrayList<>();

        c040ModelList.add(new C040Model("123", "よく分かるSpring"));
        c040ModelList.add(new C040Model("456", "よく分かるJava"));
        c040ModelList.add(new C040Model("789", "よく分かるSpring MVC"));

        model.addAttribute("c040ModelList", c040ModelList);

        C040Form c040Form = new C040Form();
        c040Form.setSelectedIsbn("456");
        model.addAttribute("c040Form", c040Form);
        return "c040/select";
    }
}

optionメソッドではラジオボタンとして表示するためにC040Modelクラスのオブジェクトのリストを作成しています。また、ラジオボタンの初期値として、C040FormクラスのselectedIsbnに選択状態とするisbn(value)を指定します。

カスタムタグを使用しているJSPです。

<%@page contentType="text/html; charset=utf-8" %><%--
--%><!DOCTYPE html>
<html>
 <head>
  <meta charset="utf-8">
  <title>サンプル</title>
 </head>
 <body>
  <form action="selectRecv">
   <form:select path="c040Form.selectedIsbn" items="${c040ModelList}" itemLabel="name" itemValue="isbn" delimiter=" " /><br>
   <form:select path="c040Form.selectedIsbn" multiple="true" size="3" items="${c040ModelList}" itemLabel="name" itemValue="isbn" delimiter=" " /><br>
  </form>
 </body>
</html>

JSPではラジオボタンのリストをitems属性で指定します。itemLabelとitemValueでチェックボックスのラベルとvalueを取得するフィールド名を指定します。

実際に動作させ、出力されるHTMLは以下のようになります(見やすくするために改行を入れています)。

<!DOCTYPE html>
<html>
 <head>
  <meta charset="utf-8">
  <title>サンプル</title>
 </head>
 <body>
  <form action="selectRecv">
   <select id="selectedIsbn" name="selectedIsbn">
    <option value="123">よく分かるSpring</option>
    <option value="456" selected="selected">よく分かるJava</option>
    <option value="789">よく分かるSpring MVC</option>
   </select><br>
   <select id="selectedIsbn" name="selectedIsbn" multiple="multiple" size="3">
    <option value="123">よく分かるSpring</option>
    <option value="456" selected="selected">よく分かるJava</option>
    <option value="789">よく分かるSpring MVC</option>
   </select>
   <input type="hidden" name="_selectedIsbn" value="1"/><br>
  </form>
 </body>
</html>

ソースは https://github.com/kuwalab/spring-mvc41 にあります。タグ040が今回のサンプルです。

まとめ http://kuwalab.hatenablog.jp/entry/spring
最初 http://kuwalab.hatenablog.jp/entry/spring_mvc41/001
前回 http://kuwalab.hatenablog.jp/entry/spring_mvc41/039
次回 http://kuwalab.hatenablog.jp/entry/spring_mvc41/041

Spring MVC 4.0 No. 039 form:radiobuttonsタグ

Java Spring

form:radiobuttonsタグは、HTMLの複数の<input type="radio">タグを生成します。

その要素の内、単純にHTMLの属性に置き換えられるものは、以下の属性です。cssClassやcssStyleはそれぞれclass、style属性に置き換えられます。

属性 説明
accesskey HTML標準のaccesskey属性
cssClass HTML標準のclass属性
cssStyle HTML標準のsytle属性
dir HTML標準のdir属性
disabled HTML標準のdisabled属性
id HTML標準のid属性
lang HTML標準のlang属性
tabindex HTML標準のtabindex
title HTML標準のtitle属性

その他、JavaScriptのDOMレベル0イベントとして以下の属性が用意されています。それぞれ同名の属性になります。

属性
onblur
onchange
onclick
ondblclick
onfocus
onkeydown
onkeypress
onkeyup
onmousedown
onmousemove
onmouseout
onmouseover
onmouseup

残りがSpring用の属性になります。

属性 説明
cssErrorClass Validationのエラー時のclass属性
delimiter チェックボックスの間の区切り文字。デフォルトはなし
element それぞれのradioボタンを囲む要素。デフォルトはspan
htmlEscape HTMLのエスケープをするかどうか。デフォルトはtrue
itemLabel labelを出力するitemsで指定したクラスのプロパティ名
items radioボタンを作るための配列やMap
itemValue valueを出力するitemsで指定したクラスのプロパティ名
path 関連付けるModelの名前

実際の例を見ていきます。まずは、radioボタンの初期値を設定するモデルです。

package com.example.spring.controller.c039;

public class C039Form {
    private String selectedIsbn;

    // getter、setterは省略
}

書籍データを格納するモデルです。このクラスの一つのインスタンスが1つのラジオボタンに相当します。

package com.example.spring.controller.c039;

public class C039Model {
    private String isbn;
    private String name;

    public C039Model(String isbn, String name) {
        this.isbn = isbn;
        this.name = name;
    }

    // setter、getterは省略
}

サンプルのコントローラーです。

package com.example.spring.controller.c039;

import java.util.ArrayList;
import java.util.List;

import org.springframework.stereotype.Controller;
import org.springframework.ui.Model;
import org.springframework.web.bind.annotation.RequestMapping;
import org.springframework.web.bind.annotation.RequestParam;

@Controller
@RequestMapping("/c039")
public class C039Controller {
    @RequestMapping("/radiobuttons")
    public String radiobuttons(Model model) {
        List<C039Model> c039ModelList = new ArrayList<>();

        c039ModelList.add(new C039Model("123", "よく分かるSpring"));
        c039ModelList.add(new C039Model("456", "よく分かるJava"));
        c039ModelList.add(new C039Model("790", "よく分かるSpring MVC"));

        model.addAttribute("c039ModelList", c039ModelList);

        C039Form c039Form = new C039Form();
        c039Form.setSelectedIsbn("456");
        model.addAttribute("c039Form", c039Form);
        return "c039/radiobuttons";
    }

    @RequestMapping("/radiobuttonsRecv")
    public String radiobuttonsRecv(
            @RequestParam(required = false) String selectedIsbn, Model model) {
        model.addAttribute("isbn", selectedIsbn);
        return "c039/radiobuttonsRecv";
    }
}

radiobuttonsメソッドではラジオボタンとして表示するためにC039Modelクラスのオブジェクトのリストを作成しています。また、ラジオボタンの初期値として、C039FormクラスのselectedIsbnに選択状態とするラジオボタンのisbn(value)を指定します。

カスタムタグを使用しているJSPです。

<%@page contentType="text/html; charset=utf-8" %><%--
--%><!DOCTYPE html>
<html>
 <head>
  <meta charset="utf-8">
  <title>サンプル</title>
 </head>
 <body>
  <form action="radiobuttonsRecv">
   <form:radiobuttons path="c039Form.selectedIsbn" items="${c039ModelList}" itemLabel="name" itemValue="isbn" delimiter=" " /><br>
   <input type="submit" value="送信">
  </form>
 </body>
</html>

JSPではラジオボタンのリストをitems属性で指定します。itemLabelとitemValueでチェックボックスのラベルとvalueを取得するフィールド名を指定します。

受信するradiobuttonsRecv.jspです。

<%@page contentType="text/html; charset=utf-8" %><%--
--%><!DOCTYPE html>
<html>
 <head>
  <meta charset="utf-8">
  <title>サンプル</title>
 </head>
 <body>
  チェックされた項目は<c:out value="${isbn}" />
 </body>
</html>

path属性で、モデルの値とタグを関連付けます。

実際に動作させ、出力されるHTMLは以下のようになります(見やすくするために改行を入れています)。

<!DOCTYPE html>
<html>
 <head>
  <meta charset="utf-8">
  <title>サンプル</title>
 </head>
 <body>
  <form action="radiobuttonsRecv">
   <span><input id="selectedIsbn1" name="selectedIsbn" type="radio" value="123"/>
    <label for="selectedIsbn1">よく分かるSpring</label></span>
   <span> <input id="selectedIsbn2" name="selectedIsbn" type="radio" value="456" 
    checked="checked"/>
    <label for="selectedIsbn2">よく分かるJava</label></span>
   <span> <input id="selectedIsbn3" name="selectedIsbn" type="radio" value="790"/>
    <label for="selectedIsbn3">よく分かるSpring MVC</label></span><br>
   <input type="submit" value="送信">
  </form>
 </body>
</html>

label属性を指定していると、HTMLのlabel要素が出力されます。

ソースは https://github.com/kuwalab/spring-mvc40 にあります。タグ039が今回のサンプルです。

まとめ http://kuwalab.hatenablog.jp/entry/spring
最初 http://kuwalab.hatenablog.jp/entry/spring_mvc/001
前回 http://kuwalab.hatenablog.jp/entry/spring_mvc/038
次回 http://kuwalab.hatenablog.jp/entry/spring_mvc/040

Spring MVC 4.1 No. 038 form:radiobuttonタグ

Java Spring

form:radiobuttonタグは、HTMLの<input type="radio">タグを生成します。

その要素の内、単純にHTMLの属性に置き換えられるものは、以下の属性です。cssClassやcssStyleはそれぞれclass、style属性に置き換えられます。

属性 説明
accesskey HTML標準のaccesskey属性
cssClass HTML標準のclass属性
cssStyle HTML標準のsytle属性
dir HTML標準のdir属性
disabled HTML標準のdisabled属性
id HTML標準のid属性
lang HTML標準のlang属性
tabindex HTML標準のtabindex
title HTML標準のtitle属性
value HTML標準のvalue属性

その他、JavaScriptのDOMレベル0イベントとして以下の属性が用意されています。それぞれ同名の属性になります。

属性
onblur
onchange
onclick
ondblclick
onfocus
onkeydown
onkeypress
onkeyup
onmousedown
onmousemove
onmouseout
onmouseover
onmouseup

残りがSpring用の属性になります。

属性 説明
cssErrorClass Validationのエラー時のclass属性
htmlEscape HTMLのエスケープをするかどうか。デフォルトはtrue
label HTMLのlabel要素を作成し、チェックボックスと関連付ける
path 関連付けるModelの名前

使用するモデルです。ラジオボタンの初期値として利用します。

package com.example.spring.controller.c038;

public class C038Model {
    private String tel;

    // setter、getterは省略
}

サンプルのコントローラです。

package com.example.spring.controller.c038;

import org.springframework.stereotype.Controller;
import org.springframework.ui.Model;
import org.springframework.web.bind.annotation.RequestMapping;
import org.springframework.web.bind.annotation.RequestParam;

@Controller
@RequestMapping("/c038")
public class C038Controller {
    @RequestMapping("/radiobutton")
    public String radiobutton(Model model) {
        C038Model c038Model = new C038Model();
        c038Model.setTel("mobile");

        model.addAttribute("c038Model", c038Model);
        return "c038/radiobutton";
    }

    @RequestMapping("/radiobuttonRecv")
    public String radiobuttonRecv(@RequestParam String tel, Model model) {
        model.addAttribute("recvData", tel);
        return "c038/radiobuttonRecv";
    }
}

コントローラではformで利用する値をModelに格納しています。

カスタムタグを使用しているJSPです。

<%@page contentType="text/html; charset=utf-8" %><%--
--%><!DOCTYPE html>
<html>
 <head>
  <meta charset="utf-8">
  <title>サンプル</title>
 </head>
 <body>
  <form action="radiobuttonRecv">
   <form:radiobutton path="c038Model.tel" label="固定電話" value="home" /><br>
   <form:radiobutton path="c038Model.tel" label="携帯電話" value="mobile" /><br>
   <form:radiobutton path="c038Model.tel" label="なし" value="nothing" /><br>
   <input type="submit" value="送信">
  </form>
 </body>
</html>

受信するradiobuttonRecv.jspです。

<%@page contentType="text/html; charset=utf-8" %><%--
--%><!DOCTYPE html>
<html>
 <head>
  <meta charset="utf-8">
  <title>サンプル</title>
 </head>
 <body>
受信データ: <c:out value="${recvData}" /><br>
 </body>
</html>

path属性で、モデルの値とタグを関連付けます。

実際に動作させ、出力されるHTMLは以下のようになります(見やすくするために改行を入れています)。

<!DOCTYPE html>
<html>
 <head>
  <meta charset="utf-8">
  <title>サンプル</title>
 </head>
 <body>
  <form action="radiobuttonRecv">
   <input id="tel1" name="tel" type="radio" value="home"/><label for="tel1">固定電話</label><br>
   <input id="tel2" name="tel" type="radio" value="mobile" checked="checked"/><label for="tel2">携帯電話</label><br>
   <input id="tel3" name="tel" type="radio" value="nothing"/><label for="tel3">なし</label><br>
   <input type="submit" value="送信">
  </form>
 </body>
</html>

label属性を指定していると、HTMLのlabel要素が出力されます。

ソースは https://github.com/kuwalab/spring-mvc41 にあります。タグ036が今回のサンプルです。

まとめ http://kuwalab.hatenablog.jp/entry/spring
最初 http://kuwalab.hatenablog.jp/entry/spring_mvc41/001
前回 http://kuwalab.hatenablog.jp/entry/spring_mvc41/037
次回 http://kuwalab.hatenablog.jp/entry/spring_mvc41/039

Spring MVC 4.1 No. 037 form:checkboxesタグ

Spring Java

form:checkboxesタグは、HTMLの<input type="checkbox">タグのまとまりを生成します。

その要素の内、単純にHTMLの属性に置き換えられるものは、以下の属性です。cssClassやcssStyleはそれぞれclass、style属性に置き換えられます。

属性 説明
accesskey HTML標準のaccesskey属性
cssClass HTML標準のclass属性
cssStyle HTML標準のsytle属性
dir HTML標準のdir属性
disabled HTML標準のdisabled属性
id HTML標準のid属性
lang HTML標準のlang属性
tabindex HTML標準のtabindex
title HTML標準のtitle属性

その他、JavaScriptのDOMレベル0イベントとして以下の属性が用意されています。それぞれ同名の属性になります。

属性
onblur
onchange
onclick
ondblclick
onfocus
onkeydown
onkeypress
onkeyup
onmousedown
onmousemove
onmouseout
onmouseover
onmouseup

残りがSpring用の属性になります。

属性 説明
cssErrorClass Validationのエラー時のclass属性
delimiter チェックボックスの間の区切り文字。デフォルトはなし
element それぞれのcheckboxを囲む要素。デフォルトはspan
htmlEscape HTMLのエスケープをするかどうか。デフォルトはtrue
itemLabel labelを出力するitemsで指定したクラスのプロパティ名
items checkboxを作るための配列やMap
itemValue valueを出力するitemsで指定したクラスのプロパティ名
path 関連付けるModelの名前

実際の例を確認していきます。まずは、一つのチェックボックスを表すモデルクラスです。isbnをvalue、nameをラベルに使用します。

package com.example.spring.controller.c037;

public class C037Model {
    private String isbn;
    private String name;

    // setter、getterは省略
}

サンプルのコントローラです。

package com.example.spring.controller.c037; 
import java.util.ArrayList;
import java.util.List;

import org.springframework.stereotype.Controller;
import org.springframework.ui.Model;
import org.springframework.web.bind.annotation.RequestMapping;
import org.springframework.web.bind.annotation.RequestParam;

@Controller
@RequestMapping("/c037")
public class C037Controller {
    @RequestMapping("/checkboxes")
    public String checkboxes(Model model) {
        List<C037Model> c037ModelList = new ArrayList<>();

        c037ModelList.add(new C037Model("123", "よく分かるSpring"));
        c037ModelList.add(new C037Model("456", "よく分かるJava"));
        c037ModelList.add(new C037Model("789", "よく分かるSpring MVC"));

        model.addAttribute("c037ModelList", c037ModelList);

        C037Form c037Form = new C037Form();
        c037Form.setSelectedIsbn(new String[] { "456" });
        model.addAttribute("c037Form", c037Form);
        return "c037/checkboxes";
    }

    @RequestMapping("/checkboxesRecv")
    public String checkboxesRecv(
            @RequestParam(required = false) String[] selectedIsbn, Model model) {
        model.addAttribute("isbns", selectedIsbn);
        return "c037/checkboxesRecv";
    }
}

checkboxesメソッドではチェックボックスとして表示するためにBookクラスのオブジェクトのリストを作成しています。また、チェックボックスの初期値として、BookFormクラスのselectedIsbnに選択状態にするチェックボックスのisbn(value)を指定します。初期値を設定しない場合には、nullか空のString配列を渡してください。

カスタムタグを使用しているJSPです。

<%@page contentType="text/html; charset=utf-8" %><%--
--%><!DOCTYPE html>
<html>
 <head>
  <meta charset="utf-8">
  <title>サンプル</title>
 </head>
 <body>
  <form action="checkboxesRecv">
   <form:checkboxes path="c037Form.selectedIsbn" items="${c037ModelList}" itemLabel="name" itemValue="isbn" delimiter=" " /><br>
   <input type="submit" value="送信">
  </form>
 </body>
</html>

JSPではチェックボックスのリストをitems属性で指定します。itemLabelとitemValueでチェックボックスのラベルとvalueを取得するフィールド名を指定します。

受信するcheckboxesRecv.jspです。

<%@page contentType="text/html; charset=utf-8" %><%--
--%><!DOCTYPE html>
<html>
 <head>
  <meta charset="utf-8">
  <title>サンプル</title>
 </head>
 <body>
  チェックされた項目は<br>
  <c:forEach items="${isbns}" var="isbn">
   <c:out value="${isbn}" />
  </c:forEach>
 </body>
</html>

path属性で、モデルの値とタグを関連付けます。

実際に動作させ、出力されるHTMLは以下のようになります(見やすくするために改行を入れています)。

<!DOCTYPE html>
<html>
 <head>
  <meta charset="utf-8">
  <title>サンプル</title>
 </head>
 <body>
  <form action="checkboxesRecv">
   <span><input id="selectedIsbn1" name="selectedIsbn" type="checkbox" value="123"/>
    <label for="selectedIsbn1">よく分かるSpring</label></span>
   <span> <input id="selectedIsbn2" name="selectedIsbn" type="checkbox" value="456" checked="checked"/>
    <label for="selectedIsbn2">よく分かるJava</label></span><span> <input id="selectedIsbn3" name="selectedIsbn" type="checkbox" value="789"/>
    <label for="selectedIsbn3">よく分かるSpring MVC</label></span><input type="hidden" name="_selectedIsbn" value="on"/><br>
   <input type="submit" value="送信">
  </form>
 </body>
</html>

label属性を指定していると、HTMLのlabel要素が出力されます。

ソースは https://github.com/kuwalab/spring-mvc41 にあります。タグ037が今回のサンプルです。

まとめ http://kuwalab.hatenablog.jp/entry/spring
最初 http://kuwalab.hatenablog.jp/entry/spring_mvc41/001
前回 http://kuwalab.hatenablog.jp/entry/spring_mvc41/036
次回 http://kuwalab.hatenablog.jp/entry/spring_mvc41/038

Spring MVC 4.1 No. 036 form:checkboxタグ

Java Spring

form:checkboxタグは、HTMLの<input type="checkbox">タグを生成します。

その要素の内、単純にHTMLの属性に置き換えられるものは、以下の属性です。cssClassやcssStyleはそれぞれclass、style属性に置き換えられます。

属性 説明
accesskey HTML標準のaccesskey属性
cssClass HTML標準のclass属性
cssStyle HTML標準のsytle属性
dir HTML標準のdir属性
disabled HTML標準のdisabled属性
id HTML標準のid属性
lang HTML標準のlang属性
tabindex HTML標準のtabindex
title HTML標準のtitle属性
value HTML標準のvalue属性

その他、JavaScriptのDOMレベル0イベントとして以下の属性が用意されています。それぞれ同名の属性になります。

属性
onblur
onchange
onclick
ondblclick
onfocus
onkeydown
onkeypress
onkeyup
onmousedown
onmousemove
onmouseout
onmouseover
onmouseup

残りがSpring用の属性になります。

属性 説明
cssErrorClass Validationのエラー時のclass属性
htmlEscape HTMLのエスケープをするかどうか。デフォルトはtrue
label HTMLのlabel要素を作成し、チェックボックスと関連付ける
path 関連付けるModelの名前

まず、コントローラで使用するモデルです。

package com.example.spring.controller.c036;

public class C036Model {
    private boolean check;

    public boolean isCheck() {
        return check;
    }

    public void setCheck(boolean check) {
        this.check = check;
    }
}

サンプルのコントローラです。

package com.example.spring.controller.c036;

import org.springframework.stereotype.Controller;
import org.springframework.ui.Model;
import org.springframework.web.bind.annotation.RequestMapping;

@Controller
@RequestMapping("/c036")
public class C036Controller {
    @RequestMapping("/checkbox")
    public String checkbox(Model model) {
        C036Model c036Model = new C036Model();
        c036Model.setCheck(true);
        model.addAttribute("c036Model", c036Model);
        return "c036/checkbox";
    }

    @RequestMapping("/checkboxRecv")
    public String checkboxRecv(String check, Model model) {
        model.addAttribute("recvData", check);
        return "c036/checkboxRecv";
    }
}

コントローラではformで利用する値をModelに格納しています。

カスタムタグを使用しているJSPです。

<%@page contentType="text/html; charset=utf-8" %><%--
--%><!DOCTYPE html>
<html>
 <head>
  <meta charset="utf-8">
  <title>サンプル</title>
 </head>
 <body>
  <form action="checkboxRecv">
   <form:checkbox path="c036Model.check" label="チェック"/><br>
   <input type="submit" value="送信">
  </form>
 </body>
</html>

受信するcheckboxRecv.jspです。

<%@page contentType="text/html; charset=utf-8" %><%--
--%><!DOCTYPE html>
<html>
 <head>
  <meta charset="utf-8">
  <title>サンプル</title>
 </head>
 <body>
受信データ: <c:out value="${recvData}" /><br>
 </body>
</html>

実際に動作させ、出力されるHTMLは以下のようになります(見やすくするために改行を入れています)。

<!DOCTYPE html>
<html>
 <head>
  <meta charset="utf-8">
  <title>サンプル</title>
 </head>
 <body>
  <form action="checkboxRecv">
   <input id="check1" name="check" type="checkbox" value="true" checked="checked"/>
   <label for="check1">チェック</label><input type="hidden" name="_check" value="on"/><br>
   <input type="submit" value="送信">
  </form>
 </body>
</html>

label属性を指定していると、HTMLのlabel要素が出力されます。

ソースは https://github.com/kuwalab/spring-mvc41 にあります。タグ036が今回のサンプルです。

まとめ http://kuwalab.hatenablog.jp/entry/spring
最初 http://kuwalab.hatenablog.jp/entry/spring_mvc41/001
前回 http://kuwalab.hatenablog.jp/entry/spring_mvc41/035
次回 http://kuwalab.hatenablog.jp/entry/spring_mvc41/037

Spring MVC 4.1 No. 035 form:hiddenタグ

Java Spring

form:hiddenタグは、HTMLの<input type="hidden">タグを生成します。

その要素の内、単純にHTMLの属性に置き換えられるものは、以下の属性です。

属性 説明
id HTML標準のid属性
lang HTML標準のlang属性

残りがSpring用の属性になります。

属性 説明
htmlEscape HTMLのエスケープをするかどうか。デフォルトはtrue
path 関連付けるModelの名前

コントローラで使用するModelです。

package com.example.spring.controller.c035;

public class C035Model {
    private String name;
    private Integer price;

    public C035Model(String name, Integer price) {
        super();
        this.name = name;
        this.price = price;
    }

    // setter、getterは省略
}

サンプルのコントローラーです。

package com.example.spring.controller.c035;

import org.springframework.stereotype.Controller;
import org.springframework.ui.Model;
import org.springframework.web.bind.annotation.RequestMapping;

@Controller
@RequestMapping("/c035")
public class C035Controller {
    @RequestMapping("/hidden")
    public String password(Model model) {
        C035Model c035Model = new C035Model("よくわかるSpring", 2500);
        model.addAttribute("c035Model", c035Model);

        return "c035/hidden";
    }
}

コントローラではformで利用する値をModelに格納しています。

カスタムタグを使用しているJSPです。

<%@page contentType="text/html; charset=utf-8" %><%--
--%><!DOCTYPE html>
<html>
 <head>
  <meta charset="utf-8">
  <title>サンプル</title>
 </head>
 <body>
書名: <form:hidden path="c035Model.name" /><br>
価格: <form:hidden path="c035Model.price" />
 </body>
</html>

ソースは https://github.com/kuwalab/spring-mvc41 にあります。タグ035が今回のサンプルです。

まとめ http://kuwalab.hatenablog.jp/entry/spring
最初 http://kuwalab.hatenablog.jp/entry/spring_mvc41/001
前回 http://kuwalab.hatenablog.jp/entry/spring_mvc41/034
次回 http://kuwalab.hatenablog.jp/entry/spring_mvc41/036

広告